人気記事ランキング

B-CASカード終了は近い? 

このエントリーをはてなブックマークに追加


b-casddddddg.jpg


B-CASカードとは、地デジ対応テレビに挿し込まれている、カードのことです。

B-CASカードには、有料テレビへの登録情報などが記録されています。

そのため、B-CASカードの暗号が解かれてしまうと、全ての有料放送が誰でも見られるようになってしまうので、大変です。

しかし、現在、実際に暗号は破られてしまいました。そして、全ての有料放送を見ることが出来る「Black-CAS」が売られているのです。


そもそも、なぜ導入されているのかもよくわからない「B-CASカード」でありますが、現在このカードは一つの困難に見舞われています。

それは、暗号が解読されてしまって、有料放送の契約の公平性を保てなくなってしまったということです。


<B-CASカードで有料放送を契約する仕組み>
①B-CASカードにはID番号がありますので、その番号を有料放送局に登録します。
②衛生などから送られてくる電波により、指定したIDのB-CASカードに登録情報が送られます。
③送られた情報は、そのB-CASカードに書きこまれ、その番組が見れるようになります。

※この時、書き込まれる情報は全て暗号化されているので、不正に視聴することは出来ません。


<Black-CASカードで不正に有料放送を見る仕組み>

①Black-CASカードの作成者は、暗号を解読しています。
②暗号を解読しているので、自分でB-CASカードに、有料放送を見れるように書き込みます。
③欲しい人が高値で購入します。
④カードの性質上、向こうから干渉することは出来ませんので、カードの仕組みが変わらない限り、ずっと使えてしまいます。

補足: Black-CASカードを使うと、ほとんど全ての有料放送地デジ難視聴対策チャンネル(東京のテレビを地方で見れる)を視聴できます。



<Black-CASを撲滅させるために、B-CAS社は何をするべきか?>

候補1: 新しいカードを作る
      残念ながら、今まで大量に発行してきたカードを回収するのは大変なので現実的な案ではありません。

候補2: 不正カードの取り締まりを強化してもらう

      台湾から販売しているので、取り締まりは難しいです。

候補3: 放置する
      不正なカードの出まわっている数が少ないことを考えれば、放置するのが一番安上がりです。ただし、正規の視聴者からは不満が出る可能性があります。また、更に不正なカードの販売が拡大することも考えられます。


<B-CASカードの存続が不可能なほどの、ダメージを受ける可能性>
暗号は、解読されてしまっているわけです。

この暗号解読が、なんらかの弾みで公開されてしまうようなことがあれば、誰でも全ての有料チャンネルを視聴できるようになってしまうわけです。

それでは、もはや、B-CASの存続は不可能なわけです。

そういった、最悪の事態にならないうちに、B-CASカードを廃止して、新たな方法に移行してもらいたいものです。


関連記事



このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/04/08 21:11 ] 政治・経済 | TB(0) | CM(2)
そんなすごいことが起こってるとは!
マジコンみたいな感じなのかな?w
これからどうなるんでしょうねー
[ 2012/04/11 19:58 ] [ 編集 ]
ちょっと使ってみたい感じもしますが、一般の方にも浸透したマジコンみたいになると、まずいですよね。
[ 2012/04/14 00:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿
※解決方法が提示できない質問は、スルーことがありますorz ごめんなさい。
AAが使えます。













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://uuomote.com/tb.php/281-e7d32fe6

プロフィール

ストアライク


ネットの気になる出来事を
解説します。


管理者:ストアライク
自然をこよなく愛す

不定期更新となっておりますm(_ _)m

・詳しいプロフ・要望・免責事項
・相互リンク募集中です!

ブログ内検索